2010年04月11日

2年前のモロッコ旅行(マラケシュ その4)

 露店での夕食を終えた後、立ち止まりながら、あちこちの大道芸人を見物していた。ちょこちょこと地元のひとからも声をかけられる。今回が私の初めてのアフリカ旅行だと言うと、その地元のひとは喜んでくれた。話していると、翌日は兄の仕事場へ来ないか?とか言われた。観光客相手に工芸品を作ってるらしい。夜にそんな話をされても、ちょっと警戒してしまう。まあ、断ったけど。

 そんなこんなで、大道芸人や露店も片付け出した。確か夜中に近い時間だったような。広場から宿が近くといえども、旧市街地なんで慣れてないとやはり迷路。こんな夜遅くに初めての場所をうろうろするのは避けたかったので、反省しながら、少し迷いながら宿の近くまでたどり着けた。

 でも、どの建物が宿に入り口のドアか分からない。看板が片付けられてたみたいで、さらにドアは閉まってるし。

 え、どうしよう。非常にあせりました。このまま外で一晩過ごすのか?真夜中の治安状態が把握しきれてないし、ほんと、心細くなりました。でも、ドアを叩いたら宿主が気づいてくれて、事なきで済みました。この旅行での大きな反省点です。
posted by 冒険社長 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146147373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。